カンタータの楽しみ~神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル


神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル公式ブログ
by shoebach
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 5 )

演奏会ご案内 その3

神戸バッハ関連の演奏会、今年最後を飾るのは、声楽トレーナーの佐々木倫子さんのリサイタルです。佐々木先生は、穏やかなとても優しいお人柄ながら、非常に的確で鋭いアドバイスをくださる先生です。現在は神戸大学で教鞭をとっていらっしゃいます。

佐々木倫子 メゾソプラノ・リサイタル
「うたのみなもとをたずねて」
2013年12月7日(土)16:30開場/17:00開演
イシハラホール(地下鉄四つ橋線「肥後橋」下車)
入場料 3,500円
ブラームス、ムソルグスキー、ドヴォルジャーク、バルトーク、間宮芳生といった骨太のプログラムです。
皆さま、乞うご期待!!
f0140940_23474941.jpg

[PR]
by shoebach | 2013-11-15 23:48

定期演奏会、終了!

第34回定期演奏会、無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
まだまだ未熟な私たちですが、去年より今年、今年より来年と、一歩ずつ進んでいきたいと思っています。

定演にご来場いただいたお客様のお手元に配布されるプログラムと解説/対訳です。何とすべて団員の手作りです。その筋の専門家も舌を巻く渾身の曲目解説は、毎年ご来場いただいているお客様に大変ご好評をいただいております!

f0140940_1363259.jpg

[PR]
by shoebach | 2013-10-03 01:38

次回演奏会!

f0140940_23482514.jpg
次回演奏会についてお知らせします!

今回取り上げるカンタータは、バッハがライプチヒのトマスカントルの試験曲として作曲した22番&23番と、カントルお披露目として作曲した75番です。バッハのライフワークともいえる教会カンタータの扉を開くことになった名曲揃いです!

神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル
第33回定期演奏会

曲目
Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
 カンタータ第22番「イエスは十二弟子を召寄せたまい」
  BWV22 Jesus nahm zu sich die Zwölfe
 カンタータ第23番「汝まことの神にしてダビデの子よ」
  BWV23 Du wahrer Gott und Davids Sohn
 カンタータ第75番「貧しきものは饗せられ」
  BWV75 Die Elenden sollen essen

指揮:内藤謙一

2012年9月8日(土)
13:30開場 14:00開演
神戸市立灘区民ホール(マリーホール)
阪急「王子公園」「六甲」、JR「六甲道」より徒歩15分
阪神「大石」より徒歩10分
交通アクセス: http://nadakuminhall.net/modules/info7/
全席自由2,000円

主催:神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル
http://www2s.biglobe.ne.jp/~k-bach/
お問い合わせ:shoeenoki@hotmail.com

練習も熱を帯びてきました!皆さまのご期待に沿えるようがんばります。
たくさんの皆さまのご来場をお待ちしております!!
[PR]
by shoebach | 2012-06-24 23:56

神戸バッハの合唱

神戸バッハの合唱についてご紹介します。

メンバー数は現在およそ25名(弱)。ご存知のようにカンタータはアリアやレチタティーボなどのソロ曲がありますが、現在のところ、各パートに2名ずつ位ソロを担当する人がいます。基本的にソリストは団内から選出していますが、特に厳正なるオーディション(笑)を行うわけではなく、指揮の内藤先生やトレーナーの梅村先生のアドバイスを得て決定しています。
位置付けとしては、コンチェルティストなので(そんな大そうな?言い方はちょっとおこがましいのですが)、ソリストと言えども合唱パートもがっつり歌います。まあ、一般合唱団で言えば、パートリーダーのような存在でしょうか。
どうしても足りなくて外部の方にエキストラとしてソロをお願いするときも、この位置付けは変わりません。そうです、「ソリストをこき使う団体」とは他ならぬ当団体のことなのです(笑)。

この構成は、バロック時代の合唱音楽に馴染みのない方には、ちょっと不思議な感じがすると思います。古典派以降ほとんどの場合、ソリストというのは、合唱団員とは違う華やかなドレスを身にまとい脚光を浴びて登場してくる存在で、アマチュアの合唱団員が顔を見るのは本番寸前(笑)・・・ですから。
でも、バロック時代の宗教音楽において、この構成はある意味あたり前でした。この構成の背景にあるのは「神の前ではみな平等」という考え方だと思います。つまり「無私」の精神です。

入団に際してはオーディションなどは一切ありません。
ですから、専門教育を受けてプロとして他で活躍していらっしゃる方から、ついこの間歌を始めたばかりの方までいらっしゃいます。プロとアマチュアの垣根を取っ払い、平等に音楽に向き合おう!というのが、この団体の最大の魅力だと思っています。

もちろん・・・
団員、大募集中です!

平等に音楽に向き合うというのは、言うは易し・・・です。「私は歌えるから本番直前だけでいいのよ~」もなければ、「私はアマチュアだから出来なくて当たり前よ~」もなしってことですから、なかなか大変です。が、そこは根本的に陽気な関西気質の私たち。難しいこと考えながら難しい音楽に取り組んでいるとはとても思えない雰囲気が充満しています(笑)。

はい、大事なことなので2回言います。
団員、大募集中です!

こんなバロックの合唱音楽に興味をお持ちの方、是非お気軽に見学にいらしてください!心からお待ちしております!
[PR]
by shoebach | 2011-12-16 14:01

録音

f0140940_14205775.jpg

heeco@会社です。
先日の演奏会の録音が届きました。
早く聴きたーい!
お手伝いしてくださった○○さん、ありがとうございました。

去年の録音も楽しみに待っているんだけど…。Hさん、まだですかぁ〜。
[PR]
by shoebach | 2011-09-09 14:20