カンタータの楽しみ~神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル


神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル公式ブログ
by shoebach
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

台風にもめげず!

台風が兵庫県を直撃したこの土日、何と、神戸バッハでは強化練習が行われておりました!
9日は午後からソロ合わせ、夜に合唱パートと通奏低音パートの特別練習、10日は午後から器楽と合唱が合同でカンタータの練習に励みました。
もちろん大人の団体ですから、各自の安全は最大限に確保し、無理な人は決して出てこないようにというコンセンサスのもとで、完全に自己判断、自己責任の練習です。
こんな悪天候の中、お集まりいただいた指揮の内藤先生やトレーナーの先生方にまずは感謝!そして、こういう状況でも「誰が責任とるんやー!」みたいなことをいう人は一人もなく(笑)、みんなが「音楽をやろう!定演でいい演奏をしよう!」という思いで当たり前にまとまれる我が団をちょっぴり誇りに思った2日間でありました。
f0140940_19104151.jpg

[PR]
by shoebach | 2014-08-11 19:11 | 練習

アンサンブル大会2012

アンサンブル大会お疲れさまでした。

以前のブログにも紹介がありましたように
オケ、コーラスそれぞれ数グループに分かれて
バッハ以前の曲を演奏します。
各パート1人が条件です。

去年は無かったので、今回久しぶりのアンサンブル大会でした。
もう何回目を数えるのでしょうか。

先生方の講評にもありましたが、最初の頃と比べると
アンサンブルということに対してちょっとわかってきた
ような気がします。

個人的にはアンサンブル大会が楽しくなってきました。
始めのころは何度練習してもまとまらず、
アンサンブル大会=時間的にも労力的にも大変!そして結果出ず
という印象でした。
自分の譜面しか見ず、よそのパートを聴かず、シェイプって何?の
状態なら当たり前ですよね。アンサンブルの基本ができていなかったと
反省しきりです。
そんな自分がカンタータを長年やって来たのもオソロシイ。

それが回を重ねるごとに、ラクになってきました。
巧みな選曲により、課題は与えられているのですが、
ようやく音楽的に演奏できるようになってきたというか…。
メンバーみんなの、「合わせよう」という意識が高まってきた
ように感じられます。

それがとっても楽しくて快感!です。
この快感をカンタータで感じられるように頑張らないと
いけないわけですね。

私事ですが
今回のアンサンブル大会での演奏で今までになく緊張してしまい、
コツコツ練習してきたことが吹っ飛んでしまう事態となりました。
悔しいやら情けないやらで布団の中で泣きました。
誓います。次から二度とアガりません!(*スカーレット・オハラ風)


間が開くと緊張するので、毎年やって欲しいです…。


ayumi@alt
[PR]
by shoebach | 2012-02-11 13:33 | 練習

12月10日の練習

オランダ・バッハ協会の演奏会終了後、団長の車に乗り込み、大急ぎで練習場へ向かいました。

芸文センターの大ホールは満席だったけど、このお客さん達は皆さんバッハ好き?
一人ずつ住所聞いてまわって、うちの演奏会の案内状を送りたいね。
出口で団員勧誘ビラ配る?
など、運営会議をしながら神戸目指して走ってるけど、車がいつもより多くて、間に合うか心配。

あと信号ひとつで到着、というところで、渋滞にひっかかってしまいました。きっと、ルミナリエ渋滞やね。

今日は梅村先生の練習なので、すでに練習を始めているチームもあり、テノールのKさんの練習時間まであと数分。

滑り込みで間に合った…かな?

器楽は到着してから楽器や譜面台の準備してからなので、結局7時前からやっと開始。
早くから来てた方、お待たせしてごめんなさい。

いつも通りの練習やったけど、いくらやってもすっきりしない。
もう、これは大津先生の練習でなんとかしてもらうしかないんじゃない?ってことに。

ぐじゃぐじゃの練習のまま終了で、なんだかすっきりしないけど、休憩時間に配った、のびた君からのお土産チョコレートがすっごく美味しかったから、今日はそれでよしとするか…って、なんやそれ?

ま、寒いしモツ鍋食べに行こう!と、練習の余韻もなく、また団長の車で移動。

モツ鍋食べた後、外の階段で寝っころがってる女性が。
大丈夫なの?と聞くと、「皆既月食!」と言われて、お月様を見ると、不気味に赤く染まっていました。

こうして長い一日が終わりました。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-12-13 12:33 | 練習

12月3日の練習

今回から2ndバイオリンのNさんが復帰されました。お帰りなさーい。待ってたよー。
なので、バイオリンは久々のフルメンバーでした。…と言っても、4人なのよね。求む!新入団員。
ちょうど今は弦楽器は各パート2人ずつなので、2チームできるから、そのチーム分けをしました。
W家は奥さんがバイオリンで旦那様がビオラ。
T家は奥さんが他団体でビオラ弾かれてるから、W家と逆パターン。
「夫婦を同じチームにしない方がいいと思うけど」というTさんの、とーっても意味深なお言葉に従うことにして、チーム分け終了。

「音楽の捧げ物」はどうする?
前回は余裕がないかも…と思ってたけど、全くやらないのももったいないし、やりたい気持ちはある…。
じゃあやろう!
ってことで、こちらのチーム分けはじゃんけんで決めました。

チームごとに音出ししてみたけど、ガタガタのボロボロ。見た目とはえらい違いで難しいーーー。

ビバルディは、前回よりも弾けた感じだったし、みんなで弾き方の作戦会議もして、イメージ統一できたかな。
でも、まだまだどんな風に弾いたらいいのか「?」がいっぱいなので、大津先生の練習が待ち遠しいです。

でも、先生のいない練習でも、「こんな弾き方はダメって言われてるやん」「ここは、こんな感じでやってみようか」とあれこれ言いながら練習が成立するようになってる私達。
これって、すごく進歩してるよね!!

今回も楽しい練習でした。皆さんお疲れ様でした。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-12-05 13:41 | 練習

11月27日の練習

演奏会の曲目の、ひととおりざっくりとした合わせの練習も一段落して、アンサンブル大会への練習が始まりました。

先日の練習は、コーラスとオケで二部屋にわかれてしました。

オケは、弦楽器メンバーで「ビバルディのコンチェルト ト短調」の初見大会。
まず3楽章からやってみました。が、バラバラやん…どうする?

そこで、WさんがiPhoneを取り出して、メトロノームを鳴らしてくれました。

よし、じゃあこれを指揮台に乗せて、この音を頼りに弾こう!ってことに。

なかなかいいアイデアと思ったけど、いざ弾きはじめると、全くメトロノームの音が聞こえない…と思いながらも弾き続けてると…あれっ?メトロノームが裏打ちはじめた…あかん、ずれてるやん! で、この方法は断念。

やっぱりチェロにのっかって弾かないと!ってことで、チェロ聞きながら弾いたら、チェロが大変なことに。難しそう…。

2楽章はまあまあ弾けるみたいな感じ。けど、楽譜がシンプルなだけに、いろいろやることありそう。

途中でWさんのiPhoneで曲を聴いてみたり、なんやかんや言いながらも全楽章終了。
疲れました。けど、楽しかったな。

余力がある人は「音楽の捧げ物」にも挑戦しましょうと、楽譜が配られたけど、やってみたいけど、余力が…。

とりあえず、ビバルディをちゃんと弾けるように練習練習!

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-11-29 01:53 | 練習

いい夫婦の日

f0140940_09432.jpg

今日は11月22日。「いい夫婦の日」なんだそう。

先日の練習の時にこの内藤&大津夫妻の写真を撮らせていただきましたが、うん、とってもいい雰囲気。いい夫婦です。
練習の中で、内藤先生が「不協和音を楽しんで」とおっしゃってましたが、夫婦の不協和音も楽しめちゃうといいんだろうな。

先日の練習は、大津先生が隣で弾いてくださったので、音色や弓の位置を揃えるように弾いてたら、ものすごくいろいろな発見があって嬉しかった。この感覚を忘れないようにしないと!


神戸バッハのいい夫婦、他にもK夫妻、W夫妻、Tさんところも奥様は元団員。バッハやってると、いい夫婦になるんかなぁ。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-11-23 00:09 | 練習

10月30日の練習

演奏会後の初めての内藤先生の練習でした。
それぞれの曲のテンポを指示していただきました。
これで練習の時に「どんなテンポだった?」とならずに済みますね。

合唱曲を一通り合わせましたが、そりゃもう大変でした。
これから数々の試練を乗り越えていく覚悟をいたした次第です。

内藤先生が、「これは思ってたのよりずっとましな演奏だった」とおっしゃった曲がありました。
前回の練習後、大津先生が内藤先生に「あれは大変ひどかった」という話しをされていたそうで…。だから、期待値が低かったから「あれっ、以外といいかも」となった訳ですね。

あの…毎回、期待値低めに設定していらしていただけると、がっかりさせなくて済むかもしれなくて…あの…その…。
あ、すみません。つべこべ言わずに練習します。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-11-12 08:49 | 練習

10月22日の練習

忙しく過ごしているうちに、もう11月になってしまいました。
10月の事、忘れないうちに書いとかなきゃ!

10月の大津先生の練習、興味深くてゾクゾクする内容の講義がありました。
「韻律について」です。
韻律とは、「詩などに用いられる文の形式である韻文は、特定のリズムに基づいて作られる。これは聴覚的にある定まった形象を感じさせる一定の規則ということができる。このリズム、あるいは規則を韻律という」だそうです。

「バッハのカンタータも歌詞を読んだだけで、きっと三拍子だな…と予想してスコアを見ると、やはり三拍子で書かれていて…」との事。
うわあ、面白いぃぃ~~。

バッハカンタータCDを聴いていて、心地好く感じるのは、この「一定のリズム」が聴こえてくるからなんですね。

韻律をちゃんと意識して弾けるようにがんばろう!

あ、練習の時に、大津先生が「コーラスの方達は韻律はすでに意識されてますよね」とおっしゃってましたが、そこんとこ、コーラスの皆様よろしくね!

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-11-11 14:36 | 練習

お茶ふいた~!

練習に行けなくて、様子や内容が知りたかったので、参考になりました。
そっかあの個所は「バスガス爆発・ブスバスガイド」を練習して
カツゼツを鍛えれば、クリアできるかも…!
次回の練習まで時間があるので頑張ります!!

ayumi@alt
[PR]
by shoebach | 2011-10-05 18:30 | 練習

10月1日の練習

f0140940_13234316.jpg

今回は器楽と合唱で一緒に練習しました。

22番と23番、どちらも合唱と器楽が同じ箇所がたくさんあるので、「ソプラノと1stバイオリン」、「アルトと2ndバイオリン」というように、対になるパートで音出ししていきました。

初見大会の時に、歌詞を書き込んでなくて弾きにくかったところも、今回はバッチリ!
やっぱり歌とぴったり揃うと楽しい~!!

22番の1曲目はアレグロから始めました。
「一度皆さんで歌詞のリズム読みをしましょう」ということでやりましたが、なんか、「バスガス爆発ブスバスガイド」っていう早口言葉みたいで…。

そして、「バス だす」「バス だす」と何回も言ってると、いなかっぺ大将のだいちゃんが頭の中に登場したんですけど…これって私だけ?

では、次回は大津先生&梅村先生の練習ですので、皆さん、しっかり自主練しといてね。

特に、器楽のみんなは歌詞の記入を必ずしておくことだす!

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-10-04 13:23 | 練習