カンタータの楽しみ~神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル


神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル公式ブログ
by shoebach
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アンサンブル大会本番

f0140940_22295111.jpg前回、その練習風景を紹介した、神戸バッハ団内アンサンブル大会が、先週末21日の夜に開かれました。仕事の関係などで来られなかった人などを除いて、殆どのメンバーが参加してくれ、午後1時から、チェロの高橋弘治さんの指導で、ひととおり練習した後、夕方6時半から指揮者の大塚さんたちも合流して本番が始まりました。上の写真は、始まる前の観客兼出演者たちと、指揮者やトレーナーからなる審査員の面々です。

f0140940_22442363.jpg期待どおりの実力を発揮した人や、それなりの人たちに混じって、この人はこんなに歌えたんだ!といううれしい発見もあり、楽しくかつ有意義なひとときでした。
楽しいだけではなくて、いろいろと課題も見えました。大塚さんもコメントされましたが、以前に比べて和声的には進歩が見られるものの、テンポ感、リズム感が悪く、特に出だし(のアインザッツ)を揃えることが出来ず、何小節か進むうちにやっと合って来る状態です。普段いかに指揮者に頼り切っているかが、よく分かりました。そういう意味では、小編成のアンサンブルをやるのは勉強になりますね。みんなに迷惑かけないように、アインザッツの出し方やテンポの取り方を練習しなきゃあ。
次の写真は、一番大きな編成の、バッハのソロカンタータの一節です。
[PR]
by shoebach | 2007-07-24 23:05 | 練習

アンサンブル大会

指揮者の大塚さんの発案で、団内アンサンブル大会をやることに決まったのは、まだ春先のことでした。条件は

 ☆演奏曲目は、バッハを中心に、ヘンデル、テレマンなどのバロック音楽に限る。
 ☆ソロでもアンサンブルでもかまわないが、1パート一人で演奏すること。

これだけです。殆ど全員にお付き合いする、鍵盤、チェロ、ファゴットの通奏低音部隊は免除されます。で、これまでのエントリーをみると、カンタータや受難曲のソロを歌う人、今練習中のカンタータの1曲を、各パート一人で歌うグループ、ソロソナタや無伴奏ソロを弾く人、合奏曲をやるグループ等々、なかなか変化に富んでいます。
f0140940_2350019.jpgこの21、22日の土日、集中練習が予定されてるんですが、土曜日の夜、発表会をやることになって、メンバー達も本気モードに入ってきたようです。昨日(7日)の練習も、その一部を割いてこの練習にあてました。写真はその一場面です。

この企画を立てたときに、大塚さんが言われたのは、「これやるとみんなうまくなるんですよ」ということだったのですが、うまくなったかどうかは別にして、やる気まんまんのメンバー達を見ていると、どうも指揮者の思うつぼにはまってしまったようです。
[PR]
by shoebach | 2007-07-09 00:04 | 練習