カンタータの楽しみ~神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル


神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル公式ブログ
by shoebach
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

オーケストラ個別レッスン

 11日に本番が終わり、先月末から次回に向けての練習が始まりました。今年度は、来年3月に恒例の団内アンサンブル大会が予定され、それまではカンタータの練習には入らずに、アンサンブル大会の練習に専念することになりました。
 アンサンブル大会は、前回と同じように、オケは2~3人の小編成の組み合わせで、コーラスは色々な組み合わせの、ア・カペラ合唱曲を各パート一人で歌います。オケの場合、バイオリン、ビオラはテレマンの二重奏ソナタを、コンミス+各人という組み合わせで弾き、チェロ、ファゴットはヴィヴァルディのチェロソナタの楽章を、上下入れ替わって弾きます。そしてオーボエ二人は、通奏低音と一緒にヘンデルのトリオソナタを吹きます。去年とちょっと違うのは、弦全員にバッハの無伴奏曲の一部が課題になったことです。トレーナー大津 睦さんの配慮で、各人の技術レベルや性格にマッチした部分が当てられています。これがまことに絶妙な選曲で、よくぞこれだけみんなのことを的確に・・、とすばらしい指導者に恵まれた幸せを実感した次第です。
f0140940_213395.jpg

 レッスンは交代で一組ずつ行われました。他の人たちは車座になってその様子を見守ることになりますが、このときややもすると、聞き手の意識が散漫になりがちなので、写真のように机を置いてみました。こうすることで、公開レッスンのような雰囲気ができ、レッスンの内容に集中できるようになりました。私はチェロ弾きですが、バイオリンの人たちへの注意がそのままチェロにも当てはまることが多く、4時間半の長丁場も、あっという間に楽しく過ぎた感じです。大津先生、ありがとうございました。
[PR]
by shoebach | 2009-11-08 21:13 | 練習

第30回定期演奏会

 ここ一年以上書き込む時間が全くなくて、以前にも増してひどい状態を呈していましたが、ちょっと心を入れ替えて書き込みを再開したいと思います。
 また、このブログを神戸バッハ公式ブログとして、もっと活用するために、私(代表 榎 修滋 HN:Shoe)以外のメンバーにも書き込みをしてもらいます。私とはちがった視点からも、神戸バッハの楽しさを発信して行きたいと思います。
 前回書き込んだのは、去年の第29回定期演奏会の直前でしたが、あっという間に次の第30回定期演奏会が済んでしまいました。今回は、「主よ人の望みの喜びよ」というタイトルで、ピアノ曲など色々な編曲で有名なコラールを含む名曲、第147番をはじめ名曲ぞろいの3曲のプログラムで、10月11日の日曜日の午後、神戸松蔭女子学院大学チャペルで開催されました。
f0140940_16521280.jpg

大塚直哉さんの指揮による演奏会も4回を数え、その目指すところも大分浸透してきたようです。確かに、当日の録音を聞いてみると、あちゃー!というところがいっぱいありますが、みんなうまくなったなあ、というところもずいぶんあって、この一年確実に進歩したように思います。そしてそれは、プログラムにも書いたのですが、我々がチーム大塚と呼んでいる、梅村、大津両トレーナーの熱心な指導のたまものです。メンバー一人一人の弱点や、いいものを熟知したうえで、きめ細かい練習を進めてもらえ、そうするとみるみる音が変わってくるので、こちらも楽しくなってきます。この「楽しく」というのがキーワードですね。次の写真は、本番前のリハーサル時のものですが、楽しさを感じてもらえれば、と思います。写真をクリックしてみてください。
f0140940_20414941.jpg
[PR]
by shoebach | 2009-11-01 20:44 | バッハ