カンタータの楽しみ~神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル


神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル公式ブログ
by shoebach
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

神戸バッハの合唱

神戸バッハの合唱についてご紹介します。

メンバー数は現在およそ25名(弱)。ご存知のようにカンタータはアリアやレチタティーボなどのソロ曲がありますが、現在のところ、各パートに2名ずつ位ソロを担当する人がいます。基本的にソリストは団内から選出していますが、特に厳正なるオーディション(笑)を行うわけではなく、指揮の内藤先生やトレーナーの梅村先生のアドバイスを得て決定しています。
位置付けとしては、コンチェルティストなので(そんな大そうな?言い方はちょっとおこがましいのですが)、ソリストと言えども合唱パートもがっつり歌います。まあ、一般合唱団で言えば、パートリーダーのような存在でしょうか。
どうしても足りなくて外部の方にエキストラとしてソロをお願いするときも、この位置付けは変わりません。そうです、「ソリストをこき使う団体」とは他ならぬ当団体のことなのです(笑)。

この構成は、バロック時代の合唱音楽に馴染みのない方には、ちょっと不思議な感じがすると思います。古典派以降ほとんどの場合、ソリストというのは、合唱団員とは違う華やかなドレスを身にまとい脚光を浴びて登場してくる存在で、アマチュアの合唱団員が顔を見るのは本番寸前(笑)・・・ですから。
でも、バロック時代の宗教音楽において、この構成はある意味あたり前でした。この構成の背景にあるのは「神の前ではみな平等」という考え方だと思います。つまり「無私」の精神です。

入団に際してはオーディションなどは一切ありません。
ですから、専門教育を受けてプロとして他で活躍していらっしゃる方から、ついこの間歌を始めたばかりの方までいらっしゃいます。プロとアマチュアの垣根を取っ払い、平等に音楽に向き合おう!というのが、この団体の最大の魅力だと思っています。

もちろん・・・
団員、大募集中です!

平等に音楽に向き合うというのは、言うは易し・・・です。「私は歌えるから本番直前だけでいいのよ~」もなければ、「私はアマチュアだから出来なくて当たり前よ~」もなしってことですから、なかなか大変です。が、そこは根本的に陽気な関西気質の私たち。難しいこと考えながら難しい音楽に取り組んでいるとはとても思えない雰囲気が充満しています(笑)。

はい、大事なことなので2回言います。
団員、大募集中です!

こんなバロックの合唱音楽に興味をお持ちの方、是非お気軽に見学にいらしてください!心からお待ちしております!
[PR]
by shoebach | 2011-12-16 14:01

りんごうた

保育園の2才児さん、こんな風に歌います。とってもかわいいです。

「♪りんご りんご
りんごうた」

これは
「トゥウィンクル
トゥウィンクル
リトゥルスター」

そして
「♪神宮べー」

これは
「ジングルベル」

ね、かわいいでしょ。

もしかして私達のドイツ語もこんな感じなのかな。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-12-16 00:23 | その他

オランダ・バッハ協会 ロ短調ミサ 補足

先日のオランダ・バッハ協会のロ短調ミサ、非常に素晴らしい演奏でした。
いやもう、感動しました・・・。
楽曲に真摯に向き合う力がひしひしと伝わってくる演奏だったと思います。

声楽の人間から言わせてもらえば、コンチェルティスト5名、リピエニスト(合唱のみ歌う人)10名でロ短調ミサなんて、ちょっと想像を絶する構成ですよね(笑)。
(すみません、「ソリストこき使う・・・」とか言ってません・・・笑)
しかし、その無駄をそいだというか、最低限のシンプルな構成にしたことで、ロ短調ミサの見事な和声の輪郭がはっきりと表出し、バッハの凄さ、楽曲の素晴らしさを再認識した次第でございます。
Crutifixus あたりで背筋がゾクゾクしたのは、私だけではなかったと思います。
そして「歌は器楽のように」が見事に実現されていました。古楽器のように歌うってこういうことか・・・と。

できることならあのように、確かな技術に支えられた、私利私欲にまみれない(平たく言えば自分の声をひけらかさない)真摯な演奏を目指したい!と、心から思った夜でした。

おけい
[PR]
by shoebach | 2011-12-15 15:18 | バッハ

クリスマス賛美礼拝

クリスマスイヴは、私が学生の時からずーーーっと、神戸教会のクリスマス賛美礼拝で演奏しています。
もともとは、いろいろな人のごちゃまぜ楽団だったので「シュピールドーゼ」(おもちゃ箱)という楽団名がついています。

私がメンバー集めを任せていただくようになってからは、神戸バッハが演奏会場に使用させていただいている事もあり、感謝の気持ちを込めて、神戸バッハのメンバー中心(旧団員含む)でやらせていただいています。

11日(日曜)は、その練習が神戸教会でありました。練習はこの日だけで、あとは24日に最後の合わせをして本番、というプロみたいなスケジュール。

演奏するのは、ヘンデルのメサイアから抜粋と、賛美歌です。
だいたい毎年メサイアなのですが、今回ほど歌詞がないと弾けないと思った事はなかったです。
そんな自分に、成長してるやん!
と嬉しくなりました。

今回はコンマスが教会員の男性の方がされるので、古楽的というよりその逆で、ビブラートたっぷりのドラマチックな響きがあちこちに…。
練習時間も少ないので、あまり細かい事も言ってられないので、とにかく失敗しないように頑張ります。
でも、いつかきちんと古楽的にメサイアを演奏してみたいです。

ここのクリスマス賛美礼拝では、入り口で配られる楽譜を見ながら、ハレルヤコーラスを全員で歌います。
生演奏でハレルヤコーラスを歌いたいあなた、今年のクリスマスは是非教会で一緒に賛美いたしましょう。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-12-14 00:54 | その他

12月10日の練習

オランダ・バッハ協会の演奏会終了後、団長の車に乗り込み、大急ぎで練習場へ向かいました。

芸文センターの大ホールは満席だったけど、このお客さん達は皆さんバッハ好き?
一人ずつ住所聞いてまわって、うちの演奏会の案内状を送りたいね。
出口で団員勧誘ビラ配る?
など、運営会議をしながら神戸目指して走ってるけど、車がいつもより多くて、間に合うか心配。

あと信号ひとつで到着、というところで、渋滞にひっかかってしまいました。きっと、ルミナリエ渋滞やね。

今日は梅村先生の練習なので、すでに練習を始めているチームもあり、テノールのKさんの練習時間まであと数分。

滑り込みで間に合った…かな?

器楽は到着してから楽器や譜面台の準備してからなので、結局7時前からやっと開始。
早くから来てた方、お待たせしてごめんなさい。

いつも通りの練習やったけど、いくらやってもすっきりしない。
もう、これは大津先生の練習でなんとかしてもらうしかないんじゃない?ってことに。

ぐじゃぐじゃの練習のまま終了で、なんだかすっきりしないけど、休憩時間に配った、のびた君からのお土産チョコレートがすっごく美味しかったから、今日はそれでよしとするか…って、なんやそれ?

ま、寒いしモツ鍋食べに行こう!と、練習の余韻もなく、また団長の車で移動。

モツ鍋食べた後、外の階段で寝っころがってる女性が。
大丈夫なの?と聞くと、「皆既月食!」と言われて、お月様を見ると、不気味に赤く染まっていました。

こうして長い一日が終わりました。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-12-13 12:33 | 練習

バロックダンス講習会

案内が届いてたことすっかり忘れてました。

皆さんへお知らせして、時間のある方は是非!
と思ってたのに、締め切りが明日でした。
ごめんね。

でも、定員に満たない場合は、締め切り延長するそうなので、問い合わせてみてください。

パルナソスホール
(姫路高等学校音楽ホール)

平成23年12月26日(月)
14:30〜

詳しい内容は、ホームページをご覧ください。
http://www3.ocn.ne.jp/~bunka/parna/


でもさあ、なんで月曜なん?
私、前回、前々回は神戸バッハの練習と重なってていけなかったから、次は必ず行こう!って決めてたのにぃ。
残念だわ。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-12-08 12:28 | その他

12月3日の練習

今回から2ndバイオリンのNさんが復帰されました。お帰りなさーい。待ってたよー。
なので、バイオリンは久々のフルメンバーでした。…と言っても、4人なのよね。求む!新入団員。
ちょうど今は弦楽器は各パート2人ずつなので、2チームできるから、そのチーム分けをしました。
W家は奥さんがバイオリンで旦那様がビオラ。
T家は奥さんが他団体でビオラ弾かれてるから、W家と逆パターン。
「夫婦を同じチームにしない方がいいと思うけど」というTさんの、とーっても意味深なお言葉に従うことにして、チーム分け終了。

「音楽の捧げ物」はどうする?
前回は余裕がないかも…と思ってたけど、全くやらないのももったいないし、やりたい気持ちはある…。
じゃあやろう!
ってことで、こちらのチーム分けはじゃんけんで決めました。

チームごとに音出ししてみたけど、ガタガタのボロボロ。見た目とはえらい違いで難しいーーー。

ビバルディは、前回よりも弾けた感じだったし、みんなで弾き方の作戦会議もして、イメージ統一できたかな。
でも、まだまだどんな風に弾いたらいいのか「?」がいっぱいなので、大津先生の練習が待ち遠しいです。

でも、先生のいない練習でも、「こんな弾き方はダメって言われてるやん」「ここは、こんな感じでやってみようか」とあれこれ言いながら練習が成立するようになってる私達。
これって、すごく進歩してるよね!!

今回も楽しい練習でした。皆さんお疲れ様でした。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-12-05 13:41 | 練習

演奏会場決定

演奏会の会場、灘区マリーホールに決定いたしました。

おけいはんが電話で仮予約してくれてたので、本日団長がホールへ手続きに行きました。

手続きから戻ってきた団長が、
「受付ですみませんと言ったら、奥にいた女性が振り返って、なんとそれは元団員のMさんやった。ここで働いてるねんて。」と興奮気味に話してくれました。
おけいはんの電話を聞いたのもMさんだったんだってー。

Mさん、お世話になります。よろしくお願いしますねー。

heeco
[PR]
by shoebach | 2011-12-01 23:34 | その他